個人所得税の基礎控除額、1100万ドンに引き上げ=扶養控除額は440万ドンに

(c)Voice of Vietnam

ベトナム国会常任委員会はこのほど、7月1日から、個人所得税の基礎控除額をこれまでの月額900万ドン(約389米ドル)から同1100万ドン(約475米ドル)に引き上げることを承認した。

さらに扶養控除もこれまでの月額360万ドン(約155.42米ドル)から440万ドン(約189.96米ドル)に引き上げられる。ベトナムでは個人所得税の納税者数は2019年に688万人超となり、支払われた個人所得税は計79兆2000億ドン(約34億1000万米ドル)となった。これは前年から13%減少した形だ。

財務省は、個人所得税の基礎控除の引き上げにより、人々の可処分所得が増え、家計消費が促進され、経済成長を促すと説明している。

引用元:Voice of Vietnam 6月5日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー