タピオカ入り茶飲料の天仁茗茶、越市場から撤退

タピオカ入り茶飲料バブルティー「タピオカ入り茶飲料」の販売を手掛ける台湾の「天仁茗茶」はこのほど、8月15日にベトナ市場から撤退すると発表した。2年にわたりベトナム事業展開していた。
天仁茗茶はホーチミン市、ビエンホアにある計23店舗を7月15日から順次閉店している。
天仁茗茶は2017年11月にベトナム1号店を開店。当初は2018年末までに40店舗を設置する計画だったが、これまでに開店したのは23店舗にとどまる。
ベトナムのバブルティー市場は2016年に前年から20%伸びて2億8200万米ドル規模になった。同国のバブルティー・ブランドは50に上り、バブルティーを扱う店舗は2000店を超えている。


カテゴリー