ベトナムニュースをLINEで毎週配信!無料登録はこちら

【ベトナム中部・ダナン】今、注目度急上昇中の「ダナン」とは?3つの世界遺産に囲まれた近代都市


ダナンはベトナム中部最大の都市で、現在、ビジネス・レジャーの両面で、注目度がアップしています。古くから国際的な貿易港として栄え、ベトナム戦争時には最大の米軍基地があったことで知られていますが、今は、すっかり生まれ変わり、近代的な都市として発展を続けています。

働く | コスト安と物流が魅力

企業の進出先としてダナンを考える場合の魅力は人件費の安さでしょう。高騰を続けるハノイ、ホーチミンよりも比較的相場が安価です。製造業を中心に日本企業の進出が増えており、ダナン日本商工会の会員数は、この5年で5倍にも増えました。良港であるダナン港を持ち、日本への輸出に適したロケーションです。
 
ASEAN経済回廊の整備も進んでおり、物流の拠点としても注目度が高まっています。製造系の会社も、これまでのように輸出加工企業型に加え、ベトナム国内や近隣諸国を市場に想定した業種の進出が増えることが見込まれています。

暮らす | 海と山が近くにある唯一の街

ダナンの魅力は、海と山がすぐ近くにある、ベトナムで唯一の大都市だということです。朝はミケービーチでジョギングをしてから出社、週末はバナー高原でゴルフ、というような生活が楽しめます。
 
ハノイ、ホーチミンよりも治安が良く、交通渋滞や大気汚染の度合いがかなり低いのもプラス要素です。ショッピングセンターなども増えており、物の豊富さでもハノイ、ホーチミンと遜色なくなってきました。日本人在住者にとって気になる日本食レストランは50軒程度あって、食事に苦労する心配は無用です。

遊ぶ | 3つの世界遺産とビーチリゾート

中部ベトナムには4つの世界遺産があり「世界遺産街道」と呼ばれています。そのうちフエ、ホイアン、ミーソンは、ダナンから日帰り可能で、中部観光の玄関口はダナンだと行って過言ではありません。
 
ダナンからホイアンにかけては美しさを誇るビーチが続きます。新鮮なシーフードやマリンスポーツを楽しみましょう。大型高級ホテルが立ち並ぶ「リゾート銀座」でもあり、国内外からの旅行者を多数ひきつけています。ゴルフ場も複数あり、中でもバナー高原にあるゴルフコースは、「暑い季節でも快適にプレーできる」と人気急上昇中です。

注意! | 不安点は医療と教育

ハノイ、ホーチミンと較べてダナンが劣るのは病院事情でしょう。外資系の病院はありますが、日系の病院・診療所はまだありません。ダナンの病院で対応できない場合、ハノイ、ホーチミン、もしくは国外への搬送が必要になります。
 
インターナショナルスクールはありますが、日本人幼稚園や日本人学校はまだありません。就学期の児童・生徒さんを帯同しての赴任は、慎重に検討したほうがいいでしょう。在外公館(大使館・領事館)もありません。ダナンはハノイの日本国大使館の管轄になりますので、ハノイに出向いて各種手続きを行います。


基礎データ

面積 1,283平方km
人口 約101万人(全国第5位)
電話番号 0236
ナンバープレート 43
気候 2~7月が乾季 / 8~1月が雨季

アクセス

空路:市内にダナン国際空港がある。日本からの直行便も、ベトナム航空が運行している。所要時間は往路が6時間5分〜40分、復路は4時間45分〜5時間15分が目安。日本からハノイ経由、ホーチミン経由で同日中の乗り入れも可能だ。

ハノイからの所要時間は1時間20分程度、ベトナム航空およびLCCが1日10便程度、ホーチミンからの所要時間は1時間10分程度で、ベトナム航空およびLCCが1日10便程度就航している。

鉄道:市内に南北統一鉄道のダナン駅がある。ハノイからの所要時間は約15時間、ホーチミンからの所要時間は約16時間(共に最速列車の場合)。

道路:ハノイとホーチミンを結ぶ国道1号線が通っている。ハノイまで1000km、ホーチミンまで900km。近郊の都市へはバスが頻発しており、フエまで3時間、ホイアンまで40分程度。

海路:ダナン港がある。日本とダナンの間の船便での荷物の行き来は、おおむね10日ほどかかる。

情報源

ダナン日本商工会(JBAD) ←「JBADカード」改め「JCCIDカード」での運用
https://poste-vn.com/jccid-danang.html

ダナン駐日代表部
http://www.oeri.co.jp/danang/

ダナン商工会議所
http://vccidanang.com.vn/

【ベトナム北部の港湾都市・ハイフォン】今、注目度急上昇中の都市「ハイフォン」とは? 生活環境やビジネスなど人気の理由をご紹介

【ベトナム南部の新興都市・ビンズン省】今、注目度急上昇中の新興都市「ビンズオン省(ビンズン省)」とは?

カテゴリー