ベトナムニュースをLINEで毎週配信!無料登録はこちら

【ベトナム北部の港湾都市・ハイフォン】今、注目度急上昇中の都市「ハイフォン」とは?

ベトナム第3の都市・ハイフォンは、在住日本人の数こそまだ多くありませんが、今後の発展が期待されている街です。以前から「野村ハイフォン工業団地」「北部最大の港」などのキーワードで知られていましたが、近年は独自の経済圏としても成長を続けており、ベトナム日本商工会のハイフォン支部やハイフォン日本人会も設立されています。

働く | 首都から近く大型の港がある

事業をする上でのハイフォンの魅力は3つあると言えるでしょう。まずはベトナム第2の規模の貨物取扱量をもつハイフォン港を持っていること。2018年完成予定の国際港が稼働し始めると、ハイフォンはインドシナ半島における最大級の輸出港になることが予想されます。次に首都ハノイから100km少々、車で2時間程度という近さにあること。それから人口はハノイについで全国第3位であり、若手労働力が豊富なことです。サービスアパートも増えてきているので、ハイフォンに住むビジネスマンがこれからは増えることでしょう。

暮らす | ハイフォン在住日本人は増加中

コロニアル様式の建物が点在する街中は、交通量も少なく、ハノイに比べて、落ち着いた雰囲気をかもし出しています。ハイフォンに暮らす日本人は徐々に増えており、「ベトナム・ハイフォン日本人会」が結成されました。年に数回の懇親会を中心に活動していて、懇親会には100人を超える参加者が集まります。数軒ですが、近代的なショッピングセンター、スーパーマーケットもありますので、生活に必要なものはまかなうことができるでしょう。日本料理店は10軒程度とあまり多くありません。

遊ぶ | ハロン湾など近郊には見どころがある

ハイフォン市内そのものは、あまり見どころはありませんが、少し足を伸ばせば、豊かな自然に触れることができます。ベトナムを代表する景勝地で、世界遺産に登録されているハロン湾までは車で約1時間少々。遊ぶところがハイフォンよりも充実しているので、週末に足を伸ばしてみるといいでしょう。ハロン湾最大の島であるカットバ島は、自然を保護するために国立公園に指定されており、マリンスポーツやトレッキングを楽しむことができます。

注意! | 家族世帯での赴任は難しい

2015年には入院設備を持った大型医療施設であるハイフォン国際総合病院が開業しましたが、日系の医療機関はまだありません。インターナショナルスクールはありますが、日本人向けの教育機関もありません。これを考えると単身での赴任が無難だと言えるでしょう。ハノイまで2時間、気軽に週末遊びに行ける距離ではありますが、日常生活の面では不便を感じることもあります。
 
在外公館(大使館・領事館)もありません。ハイフォンはハノイの日本国大使館の管轄になりますので、ハノイに出向いて各種手続きを行います。

在住者の声 | 日本の地方都市よりよっぽど暮らしやすいです

私にとってハイフォンは快適で、生活上で不満を感じることはほとんどありません。海鮮(タコ、イカ、シャコ、カキ)が安くて美味しいのがうれしいです。週末はバイクで小旅行したり、ゴルフや飲み会をして過ごしています。 (K.Tさん:男性・40代・製造業)


基礎データ

面積 1,523平方km
人口 約195万人(全国第3位)
電話番号 0255
ナンバープレート 15-16
気候 10~4月が乾季 / 5~9月が雨季

アクセス

空路:市内にカットビ国際空港がある。ホーチミン市からベトナム航空およびLCCが、毎日6〜7便運航している。所要約2時間。ダナンからはベトナム航空が毎日1便運航している。所要約1時間45分。

鉄道:ハノイ・ロンビエン駅から、ハイフォン市内にあるハイフォン駅まで、1日3本程度鉄道が運行している。所要時間は約2時間半。

道路:ハノイからの距離は100km少々で、車での所要時間は約2時間。ザップバット・バスターミナル(ハノイ)とラックロン・バスターミナル(ハイフォン)間、およびルオンイエン・バスターミナル(ハノイ)とタムバック・バスターミナル(ハイフォン)の間に、長距離バスが頻発している。所要時間は約2時間。

海路:日本とハイフォン港の間の船便での荷物の行き来は、おおむね10日ほどかかる。

情報源

ハイフォン市公式ウェブサイト(日本語ページあり)
https://haiphong.gov.vn/
ベトナム日本商工会・ハイフォン支部
https://jcci.vn/organization/jbav-department-haiphong-branch/
ベトナム・ハイフォン日本人会
https://jpassoc-hp.jimdofree.com/

【ベトナム中部最大の都市・ダナン】今、注目度急上昇中の「ダナン」とは?3つの世界遺産とビーチリゾートに囲まれた近代都市

【ベトナム南部の新興都市・ビンズン省】今、注目度急上昇中の新興都市「ビンズオン省(ビンズン省)」とは?

カテゴリー