パスポートの世界ランキング発表日本は5年連続首位!ベトナムは?|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

©Thanh nien

パンデミックの収束と国際的な人の往来の正常化、中国の国境再開などを受け、英国のコンサルティング会社ヘンリー・アンド・パートナーズは、ビザなしで渡航できる国と地域の数を比較したパスポートの世界ランキング2023年版を発表。世界193カ国をビザなしで訪れることができる日本のパスポートが、5年連続首位を維持した。

2位はシンガポールと韓国(192カ国)、以下はすべて1カ国差で3位ドイツ、スペイン(190カ国)、4位フィンランド、イタリア、ルクセンブルグ(189カ国)、5位オーストリア、デンマーク、スウェーデン、オランダ、6位フランス、英国、ポルトガル、アイルランド、7位米国、ベルギー、チェコ共和国、ノルウェー、ニュージーランド、スイス、8位オーストラリア、カナダ、ギリシャ、マルタなどと続いた。ランキング最下位はアフガニスタン(27カ国)で、その他イラク、シリア、パキスタン、イエメン、ソマリア、ネパール、北朝鮮などが下位にとどまった。

東南アジアでは、マレーシア14位(179カ国)、ブルネイ23位(166カ国)に続き、タイ、インドネシア、フィリピン、カンボジア、ラオスが100位以内に。昨年は92位であったベトナムのパスポートは、今年は88位(55カ国)にランクイン。この結果に「まだ順位は低いものの、昨年に比べて4つ順位を上げたことは良い傾向だ」「ベトナムの将来的な発展と利益につながるよう多くの努力がなされていることの表れ」などの評価が聞かれた。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー