外国人労働者に対する社会保険納付の管理を強化

 労働傷病兵社会省によると、国内の外国人労働者数は全国に約8万人と見込まれるが、そのうち約40%が社会保険料を納付していない。
 国内では現在、外国人労働者は社会保険に強制加入で、外国人労働者向けに社会保険に加入している組織は全国で8730組織、加入者数は5万1524人、納付総額は約1000億ドンとなっている。
 これを受け、社会保険当局は全国の省・市の社会保険機関に対し、国内で就業する外国人労働者に対する強制社会保険料の徴収について指導を行い、対象者となる外国人労働者の策定。指導などを進めるという。


カテゴリー