HCM市の輸出加工区・工業団地、22年の投資額5.5億米ドル

ホーチミン市輸出加工区・工業団地庁(HEPZA)はこのほど、ホーチミン市内の輸出加工区と工業団地への投資額が2022年通年で、5億4900万米ドル超に上ったと明らかにした。これは通年目標を9.8%上回っている。

HEPZAによると、5億4900万米ドルのうち1億9660万米ドルは海外企業による投資、81億5000万ドン(約3億5248万米ドル)は国内企業による投資となっている。

HPEZAのフア・クオック長官は、「2022年3月15日に海外からの旅行者受け入れを緩和したことを受け、ベトナムへの投資誘致が積極的にになった」と指摘する。さらに「海外企業にとってベトナムが魅力的かつ安全な投資先である中、多数の企業がホーチミン市の工業団地に投資可能性を探るに来てくれていることに感謝している」と語った。

引用元:Viet Nam News 1月9日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー