HCM市、食文化を世界に発信

ホーチミン市人民委員会は先ごろ、ホーチミン市飲食協会(FBA)の発足を決定した。関係者によると、FBAは観光局の所轄機関で、ホーチミン市内のレストランやホテルなどの飲食・観光系の企業や組織、経営者、プロの料理人、一般会員などで構成、会員は1万人を超える見込み。

予定されている活動としては、◇同市やベトナムの食文化を海外に発信、◇食文化・観光・貿易促進関連のイベントの開催、◇飲食関連のイノベーションなどとなっている。

観光局によると、ホーチミン市はベトナム東南部の食文化の中心であり、さらに北部と南部、東部と西部の食文化が融合するエリアでもある。FBAの設立により、同市の食文化関連の活動が広がり、食品安全衛生への取り組みが進むことが期待される。

引用元:Nguoi Lao Dong 1月4日/Sai Gon Giai Phong 1月5日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー