豚肉の需要増に期待感

ベトナム通信社によると、経済協力開発機構(OECD)の統計で、世界における豚肉の1人当たり消費量は2022年で約26.8キロとなり、2018年の約31.4キロから大幅に減少した。2023年は前年比約3%増の見込み。

SSI証券会社によると、 中国が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を緩和したことで、2023年には豚肉や豚肉製品の輸出促進が期待される。その一方で、コスト増が生産者を圧迫している。2022年は飼料コストが2021年比で38%増、2020年比では約2倍にまで高騰した。飼育場での生産コストは1キロ当たり約5万ドンで、そのうち原料費が約75%を占める。

肉豚の出荷価格は1キロ当たり5万5000ドンで、養豚農家には利益が出ないのが現状だ。

引用元:Kinh Te Sai Gon 1月2日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー