グエン・コン・フオン選手が海外4チーム目となる横浜FCに移籍加入 |週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

©vtc.vn

Jリーグの横浜FCは昨年12月25日、グエン・コン・フオン選手の完全移籍加入を発表した。1995年生まれ27 歳のストライカーは、ユーストレーニングアカデミーから15年間にわたり活躍したホアンアイン・ザライFCに別れを告げ、横浜FCと3年契約を結んだ。

コン・フオン選手は2016年にJ2リーグの水戸ホーリーホックでプレーをした経歴を持つ。水戸ホーリーホックでの在籍期間は1シーズンのみで、出場も5試合、合計80分のみにとどまった。その後韓国、ベルギーでも活躍しており、この度の横浜FCへの移籍加入をもって、海外4チームでプレーした最初のベトナム人選手となった。横浜FCとの3年契約に関しても、ベトナム人選手の海外チームとの契約期間としては歴代最長となる。なお2番目はフランスのポーFCと2年契約を結んだ1997年生まれのMFクアン・ハイ選手だ。

コン・フオン選手については、何ヶ月も前より移籍を検討していたこと、当初はヨーロッパのプレミアリーグでの挑戦を望んでいたことなどが報じられている。移籍加入のニュースに対し、彼の年齢や移籍のタイミングを危惧する声もあるが、「過去に失敗があっても、日本の人々は彼の可能性を高く評価してくれている。経験を活かして海外で忍耐強くプレーし、強くなってほしい」「身体能力とプレースタイルを考えれば、ヨーロッパよりも他のアジアのクラブに移籍した方が、より能力が高められるはず」など彼の実力と活躍を信じ応援する意見が大半だ。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー