ベルシステム24、コンタクトセンターを子会社化

株式会社ベルシステム24は12月26日、グループ会社でベトナム国内12拠点でコンタクトセンター事業を展開するBellsystem24-Hoa Sao(ベルシステム24‐ホアサオ)へ追加出資を行い子会社化し、ベトナム事業を強化すると発表した。

同社は2017年に、日本企業のベトナム進出支援やオフショアニーズへの対応を目的としてベルシステム24‐ホアサオの株式49%を取得した。今後、追加出資を2023年3月に実施し、グループ出資比率を80%とする。また同時に、凸版印刷株式会社が株式20%を取得する。これにより、ベルシステム24、ベルシステム24ホールディングス、凸版印刷の3社にて、すべての株式を保有することとなる。

中長期的には、ベルシステム24グループと凸版印刷の両社の強みを活かし、ベトナム国内企業のDX支援により、高度なコンタクトセンター運営を行うとともに新たな市場の創出を目指す。
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー