イーレックス、バイオマス発電所起工式開催

イーレックス株式会社は15日、同社にとって海外第1号のバイオマス発電所であるハウジャンバイオマス発電所の建設予定地において起工式を開催したと発表した。

同社はこれまで、国営ベトナム電力総公社(EVN)傘下のPower Engineering Consulting Joint Stock Company2(以下、PECC2)や、ベトナムの再生可能エネルギー発電事業者Son My Renewable Energy Joint Stock Company(Son My)などと共に、ハウジャン省にて発電事業の開発を行う。同発電所は、もみ殻を主燃料とした地産地消型のバイオマス発電所。年間発電容量は⼀般家庭約9万3000世帯分に相当する20メガワット。

建設工事は2022年9月に着工し、2024年10月末の完了を見込んでいる。その後、試運転を経て、2024年12月に商用運転開始を予定している。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー