日本産の高級豚肉が人気

税関総局によると、第3四半期における豚肉の輸入量は約3万1760トンで輸入額は約6707万米ドル。年初9カ月の輸入額は約1億6300万米ドル。そのうちロシア、ドイツ、ポーランド、ブラジル産のものは1キロ当たり約4万5000~12万5000ドンと手ごろだが、スペイン産や日本産の豚肉は高額だ。

ハノイやホーチミン市の高級食料品店では、イベリコ豚が1キロ当たり35万~175万ドン、ぶどう豚が同100万ドン、日本産の豚ひき肉が同250万ドンなどで販売されている。店側によると、これらの高級豚肉を購入する富裕層は週1~2回の頻度で購入、用途はイベリコ豚やぶどう豚はグリル用に、高級ひき肉はおかゆや肉団子用に購入する人が多いという。

国内の養豚産業でもHoang Anh Gia Lai社がバナナ飼料、BaF Vietnam社がベジタリアン飼料などで飼育する動きが出ている。

引用元:Vietnamnet 11月12日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー