癒し効果大!?ベトナム生活の潤いにユニークな国産ペットはいかが? |週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

©Thanh nien

カマキリ、カブトムシ、蝶、アリなどの昆虫の飼育を趣味とする人は少なくないが、そんな昆虫マニアの間で最近ちょっとしたブームになっているのが「コノハムシ」だ。人々がこの昆虫に夢中になる理由は高い隠蔽擬態能力。葉のような外見に加え、風になびく葉のように動く習性があり、カモフラージュの名手として広く知られている。

コノハムシを実際に飼っている人は稀だが、実は飼育方法は非常に簡単。アクリルケースなどにエサとなる新鮮な食草を常置し、定期的にケース内に霧吹きするなどして適切な湿度と温度を保つだけ。コノハムシが好む食草はマンゴー、グアバ、ハイビスカスなど。都市部でも簡単に手に入り、新鮮な食草は、エサとして2週間程度使用できる。

ベトナムで入手できるコノハムシには、外国産と国内産がある。ベトナム国内の森林で自然採集したコノハムシは安価だが、森林の葉を食料とすることに慣れているため、人工的な飼育環境だと死んでしまうことも多い。輸入されたコノハムシの価格はサイズによって異なるが比較的高値で、小さいものは1匹40万VND程度、大きいものだと50~100万VND、なかには300万VNDに上る成虫もいる。

コノハムシの寿命は、短いもので8か月、最長でも2年程度と非常に短い。その割には値段が高いため、飼い主は筋金入りの昆虫マニアか写真家であることが多いという。「飼育が簡単で、食草を食べたり風にそよぐ葉のように揺れたりする姿に心が癒される」と飼い主たちは魅力を語る。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー