農業見本市、海外からも注目

メコンデルタ地域・カントーで11月2~6日、「ベトナム国際農業見本市2022」が開催され、国内外から多くの企業・組織が出展した。これはメコンデルタ地域最大の農業見本市で、毎年カントーで開催されている。

主催のCantho Promotion Agency (CPA)によると、5日間で来場者は10万人を超え、締結された契約は農業機械・設備、農産加工機械 、農業資材、肥料、農産加工品などの分野で約70件、売上高は約200億ドンに上る。

国内外から企業100社が250のブースで出展、さらに海外からはカンボジア、インド、フィリピン、韓国、中国、日本からも出展した。会場では、アグリテック(AgrtiTech)系の見本市なども開催され、国内外の企業間のビジネスマッチングも行われた。北欧企業の視察団も会場に訪れ、カントーの企業とのビジネスチャンスに期待感を示していた。

引用元:Kinh Te Sai Gon 11月2日, 11月6日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー