ベトジェット航空、台湾乗り入れの複数路線の運航を再開

ベトナムの格安航空会社ベトジェット航空がベトナムと台湾を結ぶ複数の路線の運航を再開している。11月からはハノイ―高雄便、ホーチミン―高雄便の運航を再開した。

ホーチミン―高雄線は週3便運航する。さらに12月16日から運航便数を週4便に増やすという。ハノイ―高雄便は週2便運航し、12月16日に運航便数が毎日運航となる見通しだ。

さらにベトジェット航空はハノイ―台北線とホーチミン―台北線の運航便数を増やす意向だ。また、新年や旧正月(テト)の航空需要の増加に合わせ、ベトナムから台中と台湾に乗り入れる便の運航を再開する。

ベトジェット航空はベトナムと台湾の各都市を結ぶ各路線の片道航空券を61万5000ドン(約24.74米ドル)で売り出すという。

引用元:Viet Nam News 11月3日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー