レゴ、ビンズオン省で工場建設スタート

デンマークの玩具メーカー、レゴはこのほど、南部ビンズオン省で新工場の建設を開始した。投資額は10億米ドルに達するという。

レゴの新工場は、ベトナム・シンガポール工業団地の44ヘクタールの用地に建設される。この事業はビンズオン省への外国直接投資(FDI)としては3番目の規模となる。

レゴにとってビンズオン省の新工場は、世界で6番目、アジア地域では2番目の生産拠点となる。新工場は2024年までに完成する見通し。操業を開始すれば、向こう15年にわたり、地元で4000人分の雇用を創出する見込みだ。

先に実施された起工式には、デンマークのフレデリック皇太子、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相、ベトナム政府の閣僚、レゴ・グループのニールス・クリスチャンセン最高経営責任者(CEO)らが出席した。

引用元:Viet Nam News 11月4日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー