W杯に向けての準備はOK?おうち観戦を盛り上げるアイテムに予約集中|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

©Zing news

ベトナムテレビ(VTV)が「FIFAワールドカップ2022」の放映権を獲得したことを先月26日に発表したことを受け、ベトナム国民のワールドカップ視聴への期待と熱がぐんと高まった。同時にLEDスクリーンやプロジェクターのレンタルサービスプロバイダーが値上げや予約受付終了などの動きをみせ、関心を集めた。

W杯の時期に向けて、 LEDスクリーンやプロジェクターのレンタルサービスプロバイダーならびにテレビを販売する家電量販店などは、在庫を蓄え注文数の増加に備える。ニーズの増加に伴いレンタルサービス業界は、W杯開催期間中は通常よりも若干高値で貸し出しを行っている。2.13×2.13mサイズのスクリーンの通常期のレンタル料は1日当たり約 30万VNDだが、W杯開催期間中の数日間におけるレンタル料は1日当たり最大50万VND程度になるケースもある。大容量スピーカーや周辺機器のレンタル料にも同様に値上げの傾向がみられる。スピーカーの通常期のレンタル料は1日当たり25万~40万VNDが相場だが、W杯開催期間中は1日当たり約5万VND程度割増されている。

ホーチミン市内のLEDスクリーンやプロジェクターのレンタルサービスプロバイダーに問い合わせたところ、W杯開催期間中は既にほぼ全品予約で埋まっているとのこと。普段は設備がなくてもW杯開催時にはプロジェクターやスクリーンを用意するカフェ、レストラン、パブなども多いので自宅ではなくお店で観戦するのもいいだろう。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー