HCM市、工業団地の開設から30周年

ホーチミン市工業団地・輸出加工区管理委員会(HEPZA)によると、同市は現在3つの輸出加工区、および14の工業団地を擁する。総面積は3811.71ヘクタールで、同市の造成計画の達成率は64%、また入居率は77%となっている。

1991年に同市7区にタントゥアン輸出加工区が造成されたのを皮切りに、30年間でめざましい成長を遂げている。2022年9月時点で有効な投資案件は1674件、登録投資総額は123億3000万米ドル。そのうち外国投資案件が45%を占め、投資誘致額は年平均約2億6000万米ドルで、 同市の工業生産分野における外国投資の58%を占める。

年間輸出額は平均約70億米ドルで、市の輸出総額の約15%に相当。納税額は年間約22兆ドンで、市の歳入の6%に相当する(原油は除く)。雇用創出は約28万1000人で、市全体の約6%を占める。

引用元:Nguoi Lao Dong 10月28日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー