ヨコオ、ベトナム工場に太陽光発電導入

株式会社ヨコオは10月20日、二酸化炭素排出削減を目的として、ベトナム工場(ヨコオ・ベトナム)で初となる太陽光発電システムを設置し、14日から運転を開始したと発表した。

太陽光発電システムは、環境省の二国間クレジット制度を用いて、伊藤忠商事株式会社の出資会社およびシャープエネルギーソリューション株式会社などの出資会社により設置された。

太陽光発電システムの出力規模は1.24メガワットで、年間発電量は約134万キロワットアワー。同工場の消費電力の27%が太陽光から供給される再生可能エネルギー由来の電力に置き換わることとなり、年間で約445トン、20年間では約8900トンの二酸化炭素削減が可能となる。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー