第3四半期の成長率は13.7%に=世界銀行

世界銀行はこのほど、ベトナムの2022年第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP)伸び率が前年同期比13.7%になると説明した。さらに2022年1~9月のGDP伸び率は前年同期比で8.9%になるという。

世銀は最新の報告書で、ベトナムの工業生産と小売売上高は大きな成長を確保し、これが経済の押上げ要因となったと説明する。

一方、ベトナムの主要な輸出先の需要が低調だったため、9月のベトナムの輸出入の伸びは緩やかだった。また世界経済の見通しが不透明であるため、9月のベトナムへの新規外国直接投資(FDI)は低迷した。ただしFDIの実施は回復している。

引用元:Vietnamnet 10月21日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー