ニンキエウ埠頭にベトナムらしさ満点の巨大な書道オブジェが登場|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

©Tuoi tre

カントー市のニンキエウ埠頭に現れた巨大な「ノンラー(すげ笠)」。何百もの小さなノンラーを集めて作られており、なかなか迫力がある。

このユニークなプロジェクトを考案、実行したのは、カントー市の書道家ダオ・ティ・カム・スオンさん。「故郷に何らかのかたちで貢献したかった」と話す彼女の、カントーと地元民への愛情が動力となった。書を施した巨大ノンラー制作のアイデアを思いついたスオンさんは、企業から資金を集めた。作品の目的は、書道を通して祖国の美しさを称えること。その意を込めてベトナム全土の54の民族グループを象徴する540個のノンラーを集めて大きなノンラーを制作した。

仕上がった作品は、直径8m、全高約6m、先端からつばまでの長さは約4m。この作品を完成させるために、スオンさんは89日間かけてひとつひとつのノンラーに丁寧に書を施した。書かれているのは、カントーの地名、カントーについて書かれた民謡、ことわざ、詩、ベトナムの州や都市の名前。540個のノンラーは14列に分けて規則的かつ芸術的に配置されている。

ニンキエウ埠頭を訪れる観光客は、遠目にもインパクトのあるこの作品に魅せられ、記念写真を撮りに集まってくる。同作品は「ベトナム最大の円錐形書道オブジェ」としてベトナムの記録機関に登録された。ベトナムで独自の発展を遂げてきた書道と、ベトナム文化の象徴ノンラーの調和により、ベトナムの伝統文化を存分に投影した、のどかで温かみのある芸術作品が生まれた。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー