マクラーレン、ベトナム市場の潜在性に期待

10月13日、ホーチミン市1区で、英高級スポーツカーメーカー・マクラーレンの正規ディーラーの国内1号店がオープンした。1区レズアン通りのDeutsches Hausにショールームを構え、S&S Groupによる投資・運営管理のもと富裕層をターゲットにサービスを提供する。

S&S Groupによると、マクラーレンにとってベトナムは世界で41番目の市場。ホーチミン市は潜在性の高い理想的な市場だという。オープニングセレモニーでは、720SスパイダーやGTといったモデルがお披露目となった。

マクラーレンは今後、正規ディーラーを通じて、765LTや、高性能ハイブリッド車のアルトゥーラなどベトナム市場にさまざまな車種を展開する。またS&S Groupは修理保証サービスなども展開する計画だ。

引用元:VnExpress 10月15日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー