ナマズ輸出、ASEAN市場にシフト

税関総局によると、年初9カ月のナマズの輸出額は前年同期比83.3%増の約19億7000万米ドルに上る。ベトナム水産輸出加工協会(VASEP)によると、いずれの市場も好調で、特に中国やASEAN諸国向けが急増しているという。

具体的には、年初9カ月の輸出額は、タイへの前年同期比81%増、シンガポール向けは56%増、マレーシア向けは同114%増、フィリピン向けは同92%増。またラオスやカンボジア、ミャンマー、インドネシア向けの輸出額も前年同期比2〜4倍と好調だ。

VASEPはASEAN向け輸出の伸びについて、石油・ガソリン価格の高騰にともない輸送コストが高騰したことから、輸出先が近隣諸国にシフトしたという。今後もこの傾向は続き、要輸出先の欧州連合(EU)諸国向けをASEAN市場が上回ることが予測される。

引用元:VnExpress 10月16日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー