中国からのガソリン輸入が増加

税関総局によると、年初9カ月の石油・ガスの輸入量は前年同期比22.7%増の約650万トン、輸入額は同131.8%増の約68億3300万米ドルに達した。9月単月では、輸入量が前月比34.8%増の約62万7652トン、輸入額が同27.8%増の約6億1610億米ドル。

主な輸入先は、トップが韓国で、輸入量は前年同期比91.62%増の約2500万トン(全体の39.16%)、輸入額は約27億4500万米ドル。次いでシンガポール(同約96万508トン、同約9億7870万米ドル)、タイ(同約87万7870トン、同約9億6000万米ドル)、マレーシア(同約95万6148トン、同約8億8567万米ドル)、中国(同約62万7123トン、同約6億7600万米ドル)など。

特に中国からの輸入増が著しく、輸入量で前年同期の2.3倍、輸入額で同4.42倍となっている。

引用元:Dan Tri 10月11日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー