エア・ウォーター、ハナム工場を新設

エア・ウォーター株式会社は9月30日、ベトナムで産業・医療ガスの製造を行うエア・ウォーター・ベトナムが、ハノイ市近郊のハナム省に同国2拠点目となる総合ガス充填工場を新設し、10月1日から稼働を開始すると発表した。これによりベトナム北部エリアに本格進出する。

新工場はハナム省ドンバンⅢ工業団地に位置し、敷地面積は約2万平方メートル。同社の海外事業では初めてとなるヘリウム充填設備を有する。将来的には、工場敷地内に液化ガス製造プラントを建設する計画。

エア・ウォーター・ベトナムは、2014年にホーチミン市近郊のバリア・ブンタウ省に、酸素、窒素、アルゴンの液化ガス製造プラント及び総合ガス充填工場を設置。隣接する日系電炉メーカーへのパイピング供給や、ホーチミン市周辺エリアに立地する製造業へのローリー・シリンダー供給など、各種産業ガスの販売を行ってきた。

2016年にはハノイ市にも営業所を開設し、販売を拡大した。今回のハナム工場の新設により、北部エリアでの更なる事業拡大を図る。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー