サムスン、ハイフォン市で高校生向けIoT研修を実施

韓国のサムスン電子はこのほど、ベトナム北部ハイフォン市のアンズオン高校で、「サムスン・イノベーション・キャンパス(SIC)」を実施した。同校の生徒がIoTの研修に参加したという。

SICは2019年に正式に導入されたもので、サムスン電子の企業の社会的責任事業の一環だ。これまでに米国、ドイツ、スペイン、シンガポール、マレーシア、タイを含む世界33カ国で展開されている。

ベトナムでは2019年に最初のSICが実施され、現在までに教師や児童・生徒約3000人に対して研修が提供された。さらに2022年8月から2023年8月までの期間には、さらにベトナム全土で3000人の教師や児童・生徒にハイテク分野の研修を提供することになる。

引用元:Viet Nam News 9月22日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー