宅配便が好調、Eコマースが後押し

グローバル市場調査会社のアライドマーケットリサーチ社によると、ベトナムの宅配便市場の規模は、2021年で約7億1000万米ドルに上る。2030年には約48億8000万米ドル規模に拡大する見通しだ。

2022〜2030年期には、年平均成長率(CAGR)が24.1%に達する見込みとなっている。電子商取引(EC)や貿易の成長・拡大、企業と消費者間の取引(B2C)の成長などがプラスに働いた。B2Cによる宅配便需要は、小売店のオンライン参入、さらに物流産業への積極投資やデジタル化なども成長を後押しする。

一方で、物流コストが高いことや、市場の成長に適したインフラが整備されていないことなどが、宅配便市場の成長の足かせとなっている。

引用元:VnExpress 9月20日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー