ダナン市、インドや中東の旅行者取り込みを積極化へ

ベトナム中部ダナン市はインドや中東諸国からの旅行者向けの旅行商品の開発に力を入れる意向だ。ダナン市はインドや中東諸国が同市にとって将来的に重要な観光市場になるとみている。

ダナン市観光局のチュオン・ティ・ホン・ハイン局長は、ダナン市が3月15日に内外からの旅行者の受け入れを完全に再開したことで、市は海外からの旅行者受け入れに向けたプロモーションを再開する。この中で、とくにインドはポスト・コロナの時期にいて重要な市場になるだろう」と語る。

専門家は、ベトナムへの観光客を多く送り出していた北東アジア諸国が移動制限を完全に解除しない中、インド政府が海外との往来の再開を積極化させているほか、旅行需要が旺盛であるため、ベトナムにとってインドが可能性の大きな市場になるとみている。

引用元:Viet Nam News 9月20日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー