半導体メーカー越に相次いで投資

世界の半導体メーカーが次世代の生産ハブとしてベトナムに注目している。電子系設計ソフトウェア業界大手のシノプシスは8月、エンジニア研修拠点をベトナムに移すと発表。同社は既にホーチミン市とダナン市に2つずつオフィスを構え、400人強の従業員を抱えているが、更に雇用を3~400人増やす予定だ。

またベトナム最大の海外直接投資家でもある韓国のサムスン電子は、年内にベトナム国内に研究開発センターを完成予定。タイグエン省の工場で製品化テストに取り組んでいる製品も来年7月の商業化を目指している。韓国にルーツを持つアムコアテクノロジーも、今年初め北部のバクニン省に16億米ドル規模の半導体材料製造工場設立の契約を結んだばかり。

専門家はハイテク工場がベトナムに相次いで設置される要因について「高スキルかつ低賃金の労働力が手に入り、アジアの半導体サプライチェーンにおいて物理的な優位性がある」と分析している。

引用元:VnExpress 9月19日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー