対中コメ輸出が減少

ベトナム税関によると、年初7カ月の中国向けコメ輸出量は前年同期比27.5%減の約46万6225 トンで、輸出額は同28%減の約2億4300万米ドルにとどまった。

中国はベトナム産米の輸入を制限しているが、ST種と香り米は約18万8000トン(同約60%増)、さらにジャポニカ米などの輸出も伸びている。輸出が減少しているのは主にもち米。ベトナムは最大の対中もち米輸出国だが、年初7カ月の中国向け輸出量は同53%減の約22万3000トンと大幅に減少した。中国向け輸出米に占めるもち米の割合は、2021年の74%から大幅に減少し、現在は48%となっている。

家畜飼料の世界的な高騰などを受けて、中国はベトナムからのコメ輸入を削減し、代わりにインドやパキスタンなどからより低価格なコメを輸入している。

引用元:Thanh Nien 9月9日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー