ベッター600号記念プレゼント企画実施中

豊通、エアバック端材のリサイクル事業開始

豊田通商株式会社は7月22日、ベトナムにおいてエアバッグの製造時に発生するナイロン端材のリサイクル事業を開始すると発表した。同事業は、再生素材メーカーであるリファインバース株式会社より、エアバッグのリサイクル技術のライセンス供与を受け行う。

エアバッグの材料であるナイロン布の多くはシリコンなどがコーティングされた複合繊維で、リサイクルが難しく、大半は再資源化されず廃棄される。リファインバースは、ナイロン製エアバッグから異物を高度に分離・除去し、高品質なナイロン樹脂にする量産技術を独自開発し、保有している。

ベトナムにある豊田通商のグループ会社Toyotsu Safety & Automotive Components(VietNam)Co.,LTが運営するエアバッグ製造工場では年間560トンの端材が発生しており、今回の基本合意に基づき、2023年4月より同工場においてリサイクル事業を開始する予定である。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー