TOTOベトナム第4工場が稼働

TOTO株式会社は8日、グループ会社であるTOTOベトナムの第4工場が2022年7月から稼働を開始したと発表した。

TOTOベトナムは、ハノイ市内に第1工場(2004年)・第2工場(2006年)を、ハノイ市近郊のフンイェン省に第3工場(2018年)を稼働させ、ベトナム国内およびアジア・米州に衛生陶器を供給してきた。

今回、第3工場と同じ敷地内に新設した第4工場は、衛生陶器のグローバルな需要伸長に対応する生産拠点として、日本を含むアジアや米州など世界各地域へ供給していく。第4工場の生産能力は年間約100万ピースで、TOTOベトナム全体での衛生陶器の生産能力は約1.4倍となる。4日に開業式が実施され、フンイェン省副書記長や多数の行政関係者が臨席した。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー