ベトナムの新店情報や日系企業ニュースが届くメールマガジン|無料登録はこちら

ベトナム風ゴマ団子「バインカム」は世界トップレベルの美味しさ!?|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

©Zing news

長年にわたりベトナム人だけでなく世界中の人々に愛されてきたベトナム料理。フォー、バインミー、ブンチャーなどの代表的な料理だけでなく、近年ではローカルグルメも欧米のメディアなどで紹介されるようになってきた。先日CNNが発表した「世界の揚げ物ベスト30」では、ベトナムの定番スナック「バインカム(bánh cam)」がリストアップされた。

北部では「バインラン」、南部では「バインカム」と呼ばれるこのスナックは、米粉の生地に餡を包み、油で黄金色に揚げたもの。緑豆の餡、ココナッツミルク、豚の挽肉、春雨、タマネギなどが入ったものがある。CNNでは「名前は『オレンジケーキ』を意味するが、オレンジの風味はない。緑豆の餡を弾力のある米粉の生地で包んで作る南部のこのお菓子は、オレンジのような丸い形をしているため、この名が付けられている。生地をボール状に丸めてから中心を少しくぼませて餡を詰めて成形。表面にゴマと砂糖をまぶして油で揚げる」と説明されている。

バインカムは道端の屋台で1つ3000〜5000VND程度で買える、安価で美味しい多くのベトナム人にとって馴染みのあるおやつ。発祥地の特定は難しいが、ほとんどのベトナム人、特に西部地域の人にとっては日常生活、幼少時代の思い出の一部となっている。

「世界の揚げ物ベスト30」には、日本の天ぷら、米国のハッシュパピー、スペインやラテンアメリカのチュロス、東アフリカのマンダジやジャレビなどもリストアップされている。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー