ベトナムの新店情報や日系企業ニュースが届くメールマガジン|無料登録はこちら

ちょっと気になるローカルグルメ2つの味が楽しめる「陰陽ローストダック」|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

©Soha.vn

ゴーバップ区のローストダック店といえばこの店「フック・マン・ラウ(Phúc Mãn Lầu)」。店主のオリジナルレシピで作られる見た目も味もユニークな「陰陽ローストダック」がヒット商品となり、開店からわずか2か月にして常に賑わいを見せる有名店となった。

「陰陽ローストダック」は、陰陽五行思想における二つの気「陰」と「陽」をモチーフに、白ゴマと竹炭を使い仕上げたアヒルの丸焼き。記念日や礼拝など特別な日の食卓を飾るのにふさわしいと人気。価格は1羽36万〜45万VND程度と手頃。

店主は、フランスのビジネススクールを卒業し安定した職についていたが、実家のローストダック店を継ぐために故郷に戻ったというチュオン・ゴック・アンさん。どこにでもある蜂蜜を使った普通のローストダックとは一味違うものを作りたいと、アンさんは竹炭を使ったローストダックのレシピ開発に熱心に取り組んだ。竹炭を選んだ理由は、日本を旅行中に、竹炭パンに出会ったことがきっかけだという。ベトナムに戻り、腸内環境の改善やデトックス効果が期待できる竹炭パウダーがベトナムでもトレンドなっていることを知り、竹炭パウダーを使用することを決心。独自に研究を重ね、焦げたような真っ黒な皮を作り出すことに成功した。

店は午前7時開店。常連客が「見た目が魅力的なだけでなく、皮がサクサクしていて、塩加減も丁度よい」と絶賛する「陰陽ローストダック」は一日約100羽限定で、売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー