ベトナムの新店情報や日系企業ニュースが届くメールマガジン|無料登録はこちら

定番人気観光地を押さえ、連休期間中、訪問者数No1を記録した観光地は?|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

©Bao Lao dong

4月最後の週の土・日2日間におけるタインホア省の訪問者数は約90万人を記録。同省は4月30日から5月3日までの4連休で2兆VND近い観光収入を得た。フーコック、ダナン、ニャチャンなどの主要な人気観光地と比較しても非常に高い数字であり、タンホア省がこの連休における国内トップの訪問者数を獲得した結果となった。

南部解放記念日(4月30日)からメーデー(5月1日)までの4連休中のタインホア省の総訪問者数は898,000人に達した。そのうち滞在客は約577,400人。前年と比較し85.6%の増加を見せた。総観光収入は約1兆9,600億VNDと、前年と比較し123.2%の割合で増加。タインホア省はビーチリゾートとして多くの観光客に選ばれている。サムソンビーチリゾートを訪問した観光客数は65万人。ハイティエンビーチは7万5,000人、ハイホアビーチリゾートとドンビーチは6万3,600人の観光客を迎えた。魅力あるビーチを生かし、リゾートツーリズム、エコツーリズムを展開し、幅広い観光客を惹きつけることに成功している。

タインホア省は、サービスの質の良さでも高く評価されている。特に不足の事態が発生した際の迅速かつ適切な対応についての観光客からの評価は高い。関連団体が緊密に連携して観光産業をサポートし、観光客にとって最適な環境を確保できるよう地域単位で努めた成果であろう。同省は、今回の連休中の観光市場の熱の高まりが、夏への勢いにつながることを期待している。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー