ベトナムの新店情報や日系企業ニュースが届くメールマガジン|無料登録はこちら

ハノイで有名な一夫多妻家族11人の妻と30人の子供を持つ男性とは|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

©Phu nu va Gia dinh

ソクソン県ミンチー村のズオン・バン・チュオさんは、ソクソン県で最も多くの妻と子供を持つ男性として知られている。妻は11人、子供は30人、孫と曽孫の数も多い。地域の人たちに「11人妻のチュオ」というあだ名で呼ばれる彼は、70歳を過ぎても健康的で老いを知らない。整備士の仕事をしながら畑でも働き、家族を養ってきたチュオさん。ベトナム南部、北部に複数の家と土地を持っていることでも有名だ。

ことの経緯は次の通り。1980年、18歳の妻を迎え5人の子供を授かった。その後ハナム省リーナン地区出身の1960年生まれの女性に会い、2番目の妻として迎える。南部のさまざまな地域を仕事で旅することも多かったチュオさんは1982年、クアンニン省の女性とも恋に落ちており、その女性は後に2人の子供を産んだ。その後もチュオさんは4番目、5番目と新しい妻を迎え続け、そしてついに1998年に11番目の妻を迎えた。そのうち3人の妻が現在ミンチー村に住んでいる。

チュオさんの長男は今年51歳だが、末子はまだ幼児。彼は毎月、経済的援助やサポートが必要な妻たちに電話と仕送りをしているという。子供たちのための大きな家も他州に複数ある。30人の子供たちの多くは、それぞれに家族と成功したキャリアを持っているが、そのうちの何人かはまだ学生で、毎年大晦日には、世界中から彼の子供と孫がチュオさんを訪れてくる。尚、11人の妻たちは法的には妻として承認されておらず、妻たちには一切の拘束はない。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー