サッカーと卓球を組み合わせた新スポーツ「テックボール」がベトナムに上陸|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

ホーチミン市サッカー連盟(HFF)は、Pham Yメディアコンサルティングと「テックボール(Teqball)」をホーチミン市内で発展させる契約を締結した。

創造性が高く、外的要因の影響が少なく、プレイヤー同士の接触がない分、怪我などの危険性も低いテックボールは、ベトナムで発展させるに適したスポーツと言えるであろう。ベトナムオリンピック委員会はテックボールの普及を願い、HFFに一台650〜1,200米ドル程度のテックボード2台とボールを贈呈。国際テックボール連盟は今後、テックボールの選手やコーチを育成するために、専門家とコーチをベトナムに派遣する予定だ。

テックボールは、元サッカー選手のGabor Borsanyi氏らにより2012年にハンガリーで開発されたスポーツ。両端が下向きに湾曲したテックボードの両側がらボールを打ち合い、20点先取したプレーヤーが勝ちとなる。プレーヤーはサッカー同様、頭、胸、脚、足でボールをコントロールする。それ以外のゲームのスタイルは卓球とほぼ同様だ。

アスリート、学生を中心にテックボール競技人口を増やし、テックボールグループやクラブ、テックボール協会を構築するのが HFFの目的だ。同競技が2028年のオリンピック競技プログラムに追加された場合に備え、ベトナムのテックボールチームを設立すること、そして将来的にテックボールが普及した際には、テックボールテーブルの製造技術をベトナムに持ち込むことも目標としている。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー