【1月末まで】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

成田発VN機に脅迫 福岡空港へ緊急着陸

成田発ハノイ行きのベトナム航空機が5日、同機を打ち落とすとの脅迫を受け福岡空港に緊急着陸した。

ベトナム民間航空局(CAAV)によると、脅迫を受けたのは成田発ハノイ行きのVN5311便。5日の日本時間10時半に乗員15名、乗客47名を乗せ離陸した40分後、ベトナム航空日本支社に匿名の電話が入った。男は日本語を話しながらも自分はアメリカ人だと主張し「VN5311便は成田に戻ったほうがいい。東京湾を通る時に撃墜するぞ」と脅したという。

脅迫の内容はすぐにハノイ本社に報告され、CAAVなどの関係機関と緊急会議が開かれた。ベトナム航空はファム・ビン・ミン副首相の許可を得て日本当局に福岡空港への緊急着陸を要請。午後1時2分に福岡に無事着陸した。

航空当局や警察による調査の後、安全が確保されたとの判断により同機は午後3時48分に福岡空港を出発。ハノイ時間午後6時12分にノイバイ国際空港に到着した。

引用元:VNExpress 1月6日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー