【1月末まで】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

ザボンの米国向け輸出が解禁

農業農村開発省によると、ベトナム産ザボンの米国向け輸出が間もなく解禁となる。

米国の関連当局は、同品目の輸入手続きをすでに完了しており、今後はベトナム産ココナッツについても輸入を検討する計画だ。

ベトナム産生果実で、これまでに米国向けに輸出が解禁されているのは、マンゴー、リュウガン、ライチ、ドラゴンフルーツ、ランブータン、ミルクフルーツで、今回のザボンを含めると7品目となる。またココナッツやドリアンは、冷凍で米国に輸出されている。

ベトナム産ザボンの輸出額は、2019年で約480万米ドル、2020年年初9カ月で約1090万米ドル(前年同期比246.2%増)に達した。主要輸出先はASEAN諸国、カナダ、欧州連合(EU)、ロシア、アジア諸国などとなっている。

引用元:Thanh Nien 12月31日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー