【1月末まで】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

HCM市発着の航空便、搭乗率は7~8割

写真はN.QUANGから引用

タンソンニャット国際空港では、年末年始の同空港の利用者数が1日平均約2万5000~3万人、発着便数は約300便となった。

一方、搭乗率は約70~80%にとどまった。これは旧正月休暇の帰省を控えている人が多いことや、年末年始の連休が3日間と短かったこと、さらに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)禍で旅行を控えた人が多かったことなどから、例年よりも利用者数が少なくなったとみられる。

航空会社別では、ベトナム航空が国内線の便数を大幅に増便し、1日平均約300便を運航した。またベトジェットエアやバンブー航空もハノイやホーチミン市発着のニャチャン便やフーコック便、ダナン便を増便するなどした。

引用元:Tuoi Tre 1月2日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー