【1月末まで】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

ベトナムで最も働きがいのある職場はどこ? 気になる第一位は?コロナ禍での変化は?|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

企業のブランディングや職場環境のソリューションを提案するコンサルティング会社アンファべが、2021年版「働きがいのある在ベトナム企業ベスト100社」の投票結果を公式発表。第8回目となった今回の調査では、2021年5月から8月までの数ヶ月間にわたり全国65,213人の労働者が、20職種、595企業について、その魅力を一定の基準に沿って評価、投票した。

今年のランキングには多くの注目すべき変化が見られた。2021年最も働きがいのある在ベトナム企業として初めて1位を獲得したのは、ネスレベトナムだ。今回初めてトップ100にランクインしたのは、サンゴバンベトナム、シーレフィコ、Gojekベトナム、ゼネラリ保険ベトナム、バオベトナム証券等。LIXILベトナム株式会社、第一生命保険会社、ビナキャピタル、ダイキンエアコンディショニングベトナム、サントリーペプシコ・ベトナムビバレッジ等は前回調査に続きトップ100を維持した。

テクコムバンク、FPT情報通信、Lazadaベトナム、PNJグループ、アストラゼネカベトナム、ベトテルグループ、Shopeeベトナム、TPバンク等は、従業員からの投票を集め順位を上げた。

このランキングについては多種多様の意見がある。多くの労働者から高い評価を得た企業への祝福の声、健やかな職場の維持と益々の事業成長を願う声、大手企業とグローバル企業のみを対象としたものであり、中小企業が調査や投票の対象になっているか不透明との不満も。また自身が勤める会社はトップ100に入ってこそいないものの、そこで働くことに非常に満足しているとのポジティブな意見も聞かれた。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから

カテゴリー