【1月末まで】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

外交樹立50周年記念し 新オペラ上演決定

日越外交関係樹立50周年を記念し、2023年9月に新しいオペラ「プリンセス・アニオ」をハノイオペラハウスで上演することが決まった。

このオペラは17世紀初頭の実話がベース。安土桃山時代の御朱印貿易商だった荒木宗太郎は、長崎から安南国(現在のベトナム中部)へ赴き、安南国の阮福源王から信頼を得て王女と結婚。王女は結婚後の生涯を長崎で過ごし、人々から「アニオさん」と呼ばれ親しまれた。

名誉顧問を務める駐ベトナム大使・山田滝夫氏は「このオペラで日越の友好の歴史について回想し、将来に渡る絆を更に深められれば。」と話す。指揮はベトナム国立交響楽団首席指揮者の本名徹次氏がとるほか、日本人のアーティストも多数参加する。

コロナ禍で海外渡航に大きな制限があるが、日越双方のプロジェクトチームは頻繁にオンラインでミーテイングを重ねているという。劇中の歌はベトナム語と日本語の両方で歌われる予定だ。

引用元:VNNews 12月22日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー