バンブー航空、ホーチミン―メルボルン線を就航へ

ベトナムの格安航空会社(LCC)バンブー航空はこのほど、ベトナムとオーストラリアを結ぶ直行便を運航する計画だと明らかにした。

バンブー航空はこれまでに、メルボルン空港とビクトリア州との間で、ホーチミン市とメルボルンを結ぶ直行便の運航を2022年初めに開始することで合意した。

ホーチミン―メルボルン線は第1期には、週2便運航される見通し。さらにその後、市場の需要に合わせて、増便する見込みだ。
バンブー航空はさらに、ハノイ―メルボルン線の運航も計画している。

直行便の導入により、ベトナムとオーストラリア間の飛行時間は8時間になるとみられる。乗り換え便を利用する場合は、さらに最大8時間かかるため、大幅に移動時間を短縮できると期待されている。

引用元:Vietnamnet 12月17日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー