高級車、コロナ禍でも販売好調

ドイツの市場調査プラットフォーム「スタティスタ」のレポートによると、ベトナムにおける2021年の高級車の売上高は約1億9900万米ドルとなる見込みだ。

高級車の売上高成長率は年平均2.88%で推移しており、このペースで成長が続けば2026年には約2億2900万米ドル規模となり、販売台数は約3400台に上ると予測されている。
高級車市場が好調なのは、ベトナム経済が成長を続ける中で賃金が上昇していること、特にテクノロジー分野を中心に多くの富豪が生まれたことなどに起因する。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第4波の渦中にも、ホーチミン市1区グエンフエ通りにロールスロイスのショールームがオープンし、約300億ドンの高級セダン「ゴースト」などが販売されている。

引用元:Phap Luat 12月8日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。


カテゴリー