ベトナムの新店情報や日系企業ニュースが届くメールマガジン|無料登録はこちら

ハノイ初の電気バス運行開始環境にも人にもやさしい交通手段に市民は大満足|週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

12月2日ビンバス(Vinbus)社がハノイ市内では初となるE01、E03、E05線の3つの電気バス路線を開通。導入される電気バスは合計48台。毎日午前5時から午後9時まで、15〜20分間隔で運行される。

運賃は7,000〜9,000 VND、月額定期券は5万5,000〜20万VND。高齢者、障害者、6歳未満の子供、生活保護世帯の人などは無料で利用可能。各車両には、カメラ、ドライバーの眠気防止装置、電子情報掲示板、USB充電ポートならびに無料wifiが搭載されている。切符の他、Napasを利用したeチケットでも乗車可能だ。

使用するのは同じくビングループの傘下にあるビンファスト社製のベトナム初の電気バス。クリーンエネルギーを使用し、有害排出物と騒音を大幅カット。自動システムで運転車両の監視や走行制御を行っており、危険リスクも削減。車高調整装置もあり、高齢者、子供、障害者、妊婦なども楽に乗降車できる。

電気バスの開通は、消費者需要に合わせた環境に配慮した公共交通機関の提供という目標を掲げた政府の取り組みのひとつ。今回試行運転が開始された3路線に加え、2022年にはさらに6路線を開通予定だ。「静かで臭いもなく、キャッシュレスで利用できるのも嬉しい」「新しく清潔な車両が快適」など、人々の反応も上々だ。

将来的にハノイ市内のバス全車両を電気バスに変更し、大気汚染と騒音を緩和しつつ便利で安全性の高い公共交通機関が確立されること、またそれにより自家用車の利用数が減少し交通状況と環境が改善されることを望む声も多い。ホーチミン市でも電気バス路線の開通が待ち望まれる。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから

カテゴリー