【1月末まで】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

ファム・ミン・チン首相とベトナム投資日本企業との対話会を開催

11月24日、日本を公式訪問中だったベトナム社会主義共和国のチン首相とベトナム投資日本企業による対話会が開催された。本会は、ベトナム計画投資省および駐日ベトナム大使館が主催、Ernst & Young Vietnamによる開催協力により実現した。

当日の出席者は以下の通り。

(ベトナム社会主義共和国)
ファム・ミン・チン首相
グエン・チー・ズン計画投資相
ファン・バン・ザン国防相
ブイ・タイン・ソン外務相
グエン・ホン・ジエン商工相  他

(日本企業)
Alliex株式会社・第一稀元素化学工業株式会社・電源開発株式会社・伊藤忠商事株式会社・株式会社JERA・共英製鋼株式会社・丸紅株式会社・丸紅ベトナム会社・三菱商事株式会社・ベトナム三菱商事会社・三井石油開発株式会社・日本電産株式会社・日本精工株式会社・株式会社レコフ・株式会社高田工業所・SMC株式会社・双日株式会社・双日ベトナム会社・住友林業株式会社・東京ガス株式会社・東急株式会社・豊田通商株式会社

各企業からの質問に回答するチン首相

チン首相は挨拶で、数百年前からの日越の関係、日本からのODAの歴史、ベトナムへの日本人観光客の増加、そして両国の双方向の貿易額の増加などを例にあげ、両国は運命づけられた関係を持っていると話した。

司会挨拶をつとめたErnst & Young Vietnam Ltd.パートナー 日系企業担当インドシナ統括の小野瀬貴久氏

日本企業からは、ベトナムへの投資が円滑に行われるために、制度の創設や早期策定、十分な周知などの要望や質問がチン首相や官僚メンバーに投げかけられた。

チン首相と握手を交わすEYベトナムの小野瀬氏

カテゴリー