【1月末まで】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

コロナ後初の外国観光客 ホイアンに400人超

写真は VnExpress/Xuan Tanから引用

ベトナム屈指の観光地ホイアンを抱えるクアンナム省は、11月24・25日の2日間で米国から400人以上の観光客を迎える。「ワクチンパスポート・トライアル・プログラム」と称されたこの計画で、約2年ぶりにベトナム国内に外国人旅行客が戻るとあり、観光産業関係者からは大きな期待の声が寄せられている。

クアンナム省観光当局によると、24日のチャーター機には203人、25日には226人の乗客が搭乗予定。乗客はチューライ空港に着陸した後、ホイアナ・メジャー・インテグレーテッド・リゾートに7日間滞在する。その後、ユネスコの世界遺産に登録されているホイアンやミーソン遺跡の観光を楽しむ予定だ。

観光当局によると、同トライアル・プログラムの対象となった全施設の全スタッフがワクチン接種済み。米国からの観光客は、ワクチンパスポートや米国からの出発72時間以内の陰性証明などの提出を求められるという。

引用元:VnExpress 11月18日
※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

カテゴリー