【1月末まで】コロナ禍で減速した受発注を復活させる起爆剤に!調達ガイド2022 掲載申込はこちら▶

目標店舗数1,000店舗!KIDOグループ 初のF&B事業CHUKCHUK一号店オープン| 週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

食品大手KIDOグループは同社のF&B市場参入第一店舗目となるコーヒー、ミルクティー、アイスクリーム販売のチェーン「Chuk Chuk」のホーチミン市での出店を発表した。新型コロナウイルス流行の影響を受け予定より少し遅れての開店となった。

Chuk Chuk一号店は10月末、10区のヴァンハンモールにオープン。オレンジをメインカラーにした色鮮やかな店舗が目を引く。コーヒー、ミルクティー、アイスクリームに加え、ソルト&ペッパーグリーンマンゴージュース、ピンクティーなど、これまでどのブランドにもなかったオリジナルドリンクを特徴として売り出している。店名のChuk Chukは、タイで人気の乗り物Tuk Tukからインスピレーションを得たもの。便利でスピード感のあるイメージと、Chuk Chukといういかにも陽気でハッピーな響きで、対象とするセグメント、若者層の心を掴むことを狙う。

Chuk Chukの魅力は、ユニークなドリンクだけではない。アイスクリーム、フレッシュケーキ、ポップコーンなどの製品も販売し、あらゆる客層に多彩な選択肢を提供している。また店舗だけでなく、移動式の販売スタンドも展開することで、たくさんの地域で身近な店として人々に親しまれること、より多くの消費者に高品質、安価な商品を提供することを目指す。

手頃な価格、豊富なメニュー、味のすべてにおいて、利用者の評判も上々。国内市場の活性化、国内企業の支援という観点でも、ベトナムを代表する大手食品メーカーKIDOグループのF&B市場への進出と新ブランドの誕生を支持する声は多いようだ。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから

カテゴリー