expo

ベトナムの金価格が世界価格を上回る 急高騰その背景と人々の反応は?| 週末に読みたい!ベトナム時事ネタ帳

11月11日午後、ベトナムの金価格が急高騰。1テール6000万VNDに達した。金融専門家によると、金価格は今後も上昇を続け1テール6300万VNDに達する可能性もあるとのこと。ベトナムの金価格と世界の金価格の差は1テール当たり約967万VNDに及ぶ。

金価格の相場推移はなぜ重視されるのか。金は国内企業が自力で生産することのできない商品であり、輸入に頼る他ない。パンデミックの影響を受けた過去一年間の不安定な相場の動き、加えて輸送や保険にかかる費用の高騰もあり、ベトナムの金価格は世界の金価格よりも高くなっていた。それに加え国境の閉鎖により金の密輸が困難になったこと、さらに年末に向けた需要の高まりもあって、金価格は過去5ヶ月で最高値を記録した。

国内の金価格の上昇は、人々の購買力の増加につながる。金価格の上昇に伴い金を売る人もいれば、買う人もいる。ゴールドバーなどの金地金ではなく、価格が世界の金価格に近く買いやすいゴールドのジュエリー等の購入に走る傾向もみられる。

かつて金価格が1テール350〜400万VND程度だった時代には、資産として買い溜めされることが多かった金だが、最近では価格上昇が続く。複雑な情勢が続くなか、安全な実物資産として、保有する金を売り渋りする人も少なくはない。

パンデミック以降インフレが発生し貨幣価値が下落することは明らかではあるが、だからといって、この不安定な時期に安全な資産として金に投資する資金を持つのはほんの一部の富裕層だけだ。その他の人々にとっては、金価格の上昇以上に、健康維持が当面の一番の課題であることは間違いない。

編集ライターBảo
こんにちは、バオです。フフリット大学日本語学科を卒業してVetterに入社。現在、日本語検定のN1取得に向けて猛勉強中。常にポジティブで、周囲の人を楽しませたいという性格。趣味は料理や映画鑑賞、そしてヨガ。週末は、料理をしたりカフェにいったり市内をサイクリングしたりして過ごす。日本人のベトナム愛がもっと高まるために、現地でホットなニュースや流行、有益なトピックを毎日探している。もっとベトナムに興味を持ってもらえるようにネタ探しがんばってます!

▶ベトナム時事ネタ帳記事は、毎週更新中!その他記事は、こちらから


カテゴリー